女性ホルモンが大きく関係する子宮内膜がん

子宮内膜がんとは、子宮体部の内膜から発生するがんのことで近年患者数が増加している病気です。発症は、50歳以降の女性に多くみられますが、その中でも閉経した女性に多く見つかっている病気です。しかし、若い世代の女性にも発症する可能性はあり近年では若い年齢層にも増加してきています。初めのうちの自覚症状としては不正出血や織物の色やにおいの異常です。生理痛のときのような下腹部の痛みが起こるという人もいます。

この病気の発症には女性ホルモンと密接な関係があり、エストロゲンによる子宮内膜への刺激が発症と増殖に関わっているとされています。発症の仕方によって大きく2つのタイプに分けることができるのが特徴で、エストロゲンの影響を受けて発症するタイプと、エストロゲンとは関係なく発症するタイプがあります。

1つ目のエストロゲンの影響を受けて発症するタイプの特徴としては閉経前から閉経早期に発症しやすく、転移があまり起こりません。2つ目のエストロゲンが関係しないタイプの特徴としては60歳以降に見つかることが多く、進行が早くリンパ節に転移しやすいと言われています。抗がん剤が効きにくいのもこの病気の特徴です。閉経後に不正出血があるときはもちろんですが、閉経前であっても不正出血や気になる症状があるときには婦人科を受診するようにするのが良いです。