原因不明の体調不良やイライラは更年期障害かもしれません

ささいなことでイライラしたり、落ち込みやすくなるといった状態をそのまま放置するのではなく、これまでとは違う心の状態となったことを認識して、女性ホルモンの減少による更年期障害を疑ってみることをお勧めします。

更年期に差し掛かるころの女性は、体力的に弱くなってきたところへ、子どもの進路問題、親の介護といった、日常の心配事や負担が増す状態におかれます。ただでさえ気持ちが落ち込みがちなところへ、ホルモンの乱れから脳内の神経安定物質が減少、精神的ダメージをもろに受けてしまうのです。

イライラ、落ち込みといったサインのほかに、不眠もあります。眠りが浅く、夜中に強い不安感から覚醒、その後眠れなくなってしまうこともあります。

更年期由来の罹患の場合、通常の投薬治療が良いのか、ホルモン補充療法のほうが有効なのか、見極めが大切です。

深刻な症状になる前に、精神科、更年期外来ともにある医療機関を受診することをお勧めします。あまりにも症状が進んでしまうと、病院へ行く気力すら無くなってしまう恐れもあるので、早めの対処が肝心です。