女性向け医療保険の特徴

女性保険(女性向け医療保険)の特徴は、良く知られている女性特有の疾病(乳がん・子宮がん・子宮筋腫・異常分娩など)の保障に特化した保険のことです。
女性保険では通常の分娩では、通常、保険金は支払われませんが、通常の分娩でも、出産によって生じた合併症の治療をする場合には支払いの対象となります。女性保険では、帝王切開の場合は保険金支払いの対象となります。
一般保険と比べ、入院給付金が2倍、入院日額が+5000円増加されるのはよくある女性保険です。
女性限定の疾病以外は保障しない・乳房再建手術を受けた際に100万円が一時金として支給する・通常の分娩も保障する・重粒子線治療などの先進医療を保障するなど、女性保険といっても、各社で強化している保障が異なります。
収入源の男性と比べ、女性の方は、年齢に関係なく、大きな死亡保障は必要ないですが、入院費などが家計の負担にならないように考える人が多いです。
女性の癌発症率は、41%と低くありません。
女性保険は保険内容で異なりますが、一般に女性特有の疾病以外は保障されないことが多いので、独身女性の場合は、女性に特化した保険以外にも、男性同様に一般保険にも加入したほうが安心です。